看護師免許と雇用形態

看護師免許は医師免許と並んで最強の免許と言われていますがその意味は就職に強いことのようです。難関を突破して獲得した資格であり高度な技術内容を所持していることに加え人材不足と言う要素もあって看護現場からは引っ張りだこです。年収もほかの業界と比較して高く恵まれた環境にあると言って良いでしょう。しかしながら仕事と家庭との両立が旨く行かず離職してしまったり長期間のブランクを作って自信を失い、なかなか復職に踏み切れないケースも多く人材不足に歯止めがかからないのが実態です。
折角苦労して手に入れた看護師免許ですからできるだけ大きな病院で正職員として勤務したいところですがフルタイムの勤務は日勤、夜勤を含めた長時間労働に成りがちで思うように自由時間の確保ができないのが現状です。そこで今注目を集めているのが派遣と言う雇用形態での勤務です。一般企業で事務職などとして勤務する派遣社員と異なり特殊技術の免許を持った人材ですから時給も高く日勤だけ、あるいは夜勤だけと言った勤務形態の選択も自由です。医療機関によっては紹介予定派遣制度を設けて派遣期間満了と同時に本人の意向を聞いて正職員として採用されることもあります。また病院に留まらずやはり人材難が深刻な介護福祉施設でも看護師資格がなければならない仕事があり派遣先としての需要は多くなっています。看護師免許は最強の免許と言われるだけにさまざまな業界にまたがって必要とされており定着率も安定しているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。